February 8, 2019 / 5:09 AM / 12 days ago

インドで貧困家庭の花嫁にゴールド11グラム、選挙控えたばらまきか

 2月7日、インド北東部のアッサム州が、貧困家庭出身の花嫁すべてに、11.66グラムのゴールドを贈る予定だ。5月までに実施される総選挙に向けた、ばらまきとみられている。写真はグジャラート州で行われた集団結婚式、2018年12月23日撮影(2019年 ロイター/Amit Dave)

[ニューデリー 7日 ロイター] - インド北東部のアッサム州が、貧困家庭出身の花嫁すべてに、11.66グラムのゴールドを贈る予定だ。5月までに実施される総選挙に向けた、ばらまきとみられている。

インドでは、花嫁にゴールドを贈る伝統がある。

支給対象は、年収50万ルピー以下の家庭1世帯につき女性2人まで。贈られるゴールドは、花嫁1人当たり530ドル(約5万8000円)相当となる。

アッサム州は、モディ首相率いる与党インド人民党(BJP)の地盤。農家の収入低迷と就業機会の不足で、BJPは2014年の前回選挙から支持を減らしており、今回の選挙では苦戦が見込まれる。

この中で同州の財務相は、今回の計画のため、4月1日からの新年度に30億ルピーの予算を確保した。これで875キログラムのゴールドを購入し、花嫁約8万人へ贈ることができるという。

インドの法律では、選挙の日程が決まった後は有権者への贈り物が禁じらる。このため政党や候補者は、日程が決まる前にあの手この手で有権者に贈り物をしようとする。過去には扇風機、ラップトップ、圧力鍋、テレビなどが贈られている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below