November 19, 2019 / 1:06 AM / a month ago

インド10月の石油輸入、OPEC産比率が2011年以降で最低

 11月18日、インドの石油輸入量に占める石油輸出国機構(OPEC)産の比率が、10月は少なくとも2011年以降で最低になったことが、関係筋のデータで明らかになった。写真は石油の輸送列車。2月1日、ニューデリーで撮影(2019年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[ニューデリー 18日 ロイター] - インドの石油輸入量に占める石油輸出国機構(OPEC)産の比率が10月、少なくとも2011年以降で最低になったことが、関係筋のデータで明らかになった。

インドは石油精製業者が安価な原油を処理できるよう施設を改修したのに伴い、原油供給源の分散化を進めている。

10月の石油輸入量は日量456万バレルで、前年同月比で約3.3%減少した。このうちOPECからの輸入は日量343万バレルと、全体に占める比率は73%だった。OPECからの輸入は通常、全体の80%程度を占め、9月の比率は81%となっていた。

一方、米国からの輸入は過去最高の日量33万6000バレルを記録し、全体の約7.5%を占めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below