November 7, 2019 / 11:58 PM / 5 days ago

インド格付け見通し、ネガティブに引き下げ=ムーディーズ

[8日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、インドの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。同国の経済成長率が歴史的な低水準にとどまるリスクが高まっていると指摘した。

 11月7日、ムーディーズはインドの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。写真は9月19日、ニューデリーで撮影(2019年 ロイター/Adnan Abidi)

ムーディーズによると、景気の弱さに対して政府や政策による有効な対応が取れておらず、既に高水準にある債務残高の増加を招いた状況も格付け見通しに反映した。

格付けは外貨建て、現地通貨建てともに「Baa2」に据え置いた。

見通し引き下げを受け、株式市場ではNSE指数.NSEIが序盤の取引で0.4%下落。通貨ルピーINR=D4も前日終値の70.965ルピーから下落し、71.31ルピーとなった。

インドの4─6月期の国内総生産(GDP)成長率は前年比5.0%と2013年以来の低い伸びとなった。世界的な貿易摩擦の影響で、個人消費と政府支出が鈍化した。

こうした中、インド中銀は複数回の利下げを実施し、政府は法人減税などの景気刺激策を打ち出した。

ムーディーズは「政府の刺激策は成長減速の緩和と期間短縮に寄与する見込みだが、農村部の家計の長引く金銭的ストレスや、軟調な雇用創出、ノンバンクの間で最近見られる信用収縮を踏まえると、成長減速が定着する可能性が高まっている」と指摘した。

ノンバンク間の信用収縮が早期に解消される可能性は低いとの見方も示した。

法人減税や名目GDPの伸び鈍化などを踏まえ、2019─20年度(20年3月まで)の財政赤字は対GDP比3.7%になると予想した。政府の目標は同3.3%。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below