Reuters logo
インド中銀総裁、5─10年以内にルピーを完全な兌換通貨に
June 4, 2015 / 1:22 AM / 3 years ago

インド中銀総裁、5─10年以内にルピーを完全な兌換通貨に

[ムンバイ 3日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行、RBI)のラグラム・ラジャン総裁は、今後約5─10年間で通貨ルピーを他国の通貨と自由に交換できる完全な兌換通貨に移行させる考えを明らかにした。

 6月3日、インド準備銀行のラジャン総裁は、今後約5─10年間で通貨ルピーを他国の通貨と自由に交換できる完全な兌換通貨に移行させる考えを明らかにした。写真は2日撮影(2015年 ロイター/Danish Siddiqui)

金融情報紙ミント(電子版)のインタビューで3日、明らかにした。ただ、為替市場の開放は段階的に進めると警告した。

ラジャン総裁は「資本勘定の完全な兌換性を実現する上で必要なものが何かを考えた場合、十分な兌換性に達していないのは2つか3つの分野にすぎないように私には思える」と指摘した。

その上で「順序としてはまずマクロ経済の安定を実現し、その安定に対する信頼を得ることだ。その次のステップが、特定の分野における一層の自由化だろう」と話した。

インドは国民や企業による海外への投資額を制限している。インドに投資する外国投資家は自由に株式投資が可能だが、債券については800億ドル以上購入することはできない。

ラジャン総裁は4月、2013年の就任以降で初めて、ルピーの完全な兌換性を「今後数年以内に」実現する見通しを明らかにした。

一方で総裁は、RBIが依然として無制限に外貨建ての債券発行を認めることには慎重姿勢だと警告した。ヘッジなしの外貨エクスポージャーは、通貨が下落した場合に銀行のバランスシート上のストレスにつながるという。

ルピーINR=D2が割高かどうかとの質問に対しては「現在の水準に対して満足していない」わけではないと語った。しかし、中銀のスタンスとしては、ボラティリティの上昇を避けることだけを目的に為替介入を行う姿勢をあらためて強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below