for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィッチ、インドの見通し「ネガティブ」に コロナが経済に打撃

 6月18日、格付け会社のフィッチは、インドの格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。写真はインドのコルカタで12日撮影(2020年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)

[ムンバイ/ベンガルール 18日 ロイター] - 格付け会社のフィッチは18日、インドの格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、経済に悪影響が及んでいると指摘し、今年度(2020年4月─21年3月)の成長率をマイナス5%と予想した。

フィッチは「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)は、今年のインドの成長見通しを著しく弱め、高水準の公的債務負担という問題を顕在化させた」とした。格付けは、投資適格等級で最も低い「BBBマイナス」で据え置いた。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは今月初めに、インドの格付けを投資適格等級で最低に引き下げ、見通しをネガティブとした。その後、S&Pグローバルレーティングは、格付けを投資適格等級で最低で据え置き、見通しは安定的を維持した。

フィッチは2021/22年度の成長率を9.5%と予想。ベース効果が成長率を押し上げる。新型コロナ対策のロックダウンが段階的に緩和される中、感染者数が増加し続けており、成長予想はかなりリスクをはらむと説明した。

格付けの観点では中期的な財政見通しが特に重要だが、これも不確実性が高く、国内総生産(GDP)の伸び率や政府の政策方針次第になると指摘。

財政の指標はかなり悪化しており、公的債務の対GDP比率は昨年の71%から今年は84.5%に上昇する見込み。同程度の格付けの国の2020年の中央値(52.6%)を大幅に上回ると述べた。

中期的な成長率見通しについては、銀行部門の資産の質を巡る問題の再燃、ノンバンク部門の流動性問題が下押し要因となり、銀行への追加資金支援は不可避と予想。

「当社が以前予想した通り、インドが6─7%の成長を再び維持できるようになるかは、パンデミックの持続的影響、特に金融部門への影響次第となる」とした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up