November 7, 2019 / 2:26 AM / 5 days ago

資金繰り難で中断のインド住宅建設、政府が14億ドルの救済基金

 11月6日、インドのシタラマン財務相(写真)は、中断している住宅建設プロジェクトを再開させるための1000億ルピー(14億ドル)の救済基金を政府が承認したと明らかにした。ニューデリーで1日撮影(2019年 ロイター/Adnan Abidi)

[ニューデリー 6日 ロイター] - インドのシタラマン財務相は6日、中断している住宅建設プロジェクトを再開させるための1000億ルピー(14億ドル)の救済基金を政府が承認したと明らかにした。

インドでは今年に入り、「影の銀行」とも呼ばれるノンバンクが相次いでデフォルト(債務不履行)を起こしたことで流動性がひっ迫し、不動産業界が打撃を受けている。

住宅購入者がローンの支払いを始めたにも関わらず、資金繰り難で住宅建設プロジェクトが中断される事態が多く発生している。

シタラマン氏は、新たな支援策により、中断されている1600以上の住宅建設プロジェクトが再開し、多くの購入者に住宅が引き渡せるようになると説明した。

さらに、インドステイト銀行(SBI.NS)と国営保険会社、Life Corporation of India が1500億ルピー拠出し、救済基金は総額2500億ルピーになると明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below