October 11, 2019 / 12:16 AM / 2 months ago

RCEP、インドはセーフガード導入を求める方針=商工省

[ニューデリー 10日 ロイター] - 日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉に関してインド商工省は9日、緊急輸入制限(セーフガード)導入を求める方針だと明らかにした。

RCEPは、年内の妥結に向けて今週末にバンコクで閣僚会合を開く。交渉を担当するゴヤル商工相は、中国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールの担当閣僚と週末にそれぞれ協議する予定。

商工省は声明で、輸入品の急増を防ぐため、セーフガードの導入を求める方針だと発表。中国製品の輸入が急増する恐れがあるとの懸念を和らげるため、ゴヤル商工相が協議を続けていると説明した。

関係筋によると、インドはセーフガードの導入で一部の国と基本合意した。

インド国内では、乳製品などの関税が引き下げられれば、中国から大量の安い製品が流れ込み、国内農家などに大きな影響が及ぶとの懸念がある。

モディ首相率いる与党インド人民党(BJP)の支持母体である民族義勇団(RSS)も、国内産業への打撃を理由にRCEPに反対する姿勢を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below