November 1, 2019 / 1:11 AM / 13 days ago

WTOパネル、インドの輸出補助金は協定違反と判断 米の訴え支持

 10月31日、世界貿易機関(WTO)紛争処理委員会(パネル)はインドの輸出補助金はWTO協定違反で撤回が必要だとする判断を出し、米国の訴えを支持した。写真はスイスのジュネーブにあるWTO|本部。2018年10月2日撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 31日 ロイター] - 世界貿易機関(WTO)紛争処理委員会(パネル)は10月31日、インドの輸出補助金はWTO協定違反で撤回が必要だとする判断を出し、米国の訴えを支持した。

米国は、インドが関税や国税を免除する形でWTO違反の輸出補助金を支給しているとして、WTOに提訴した。

パネルは米国の主張をおおむね認める一方、一部の主張は退けた。

インドに対しては、輸出を条件とした補助金を90─180日以内に撤回するよう勧告した。

米通商代表部(USTR)は、協定違反の輸出補助金によってインドの鉄鋼製品や医薬品、化学品、IT製品、繊維製品などのメーカーが年間70億ドル以上の恩恵を得ているとした米国側の主張に、パネルが同意したと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below