April 25, 2018 / 3:46 AM / 3 months ago

インドネシア中銀、企業に規定上回る為替ヘッジ要請 ルピア安で

[ジャカルタ 25日 ロイター] - インドネシア中央銀行の高官は25日、中銀が企業に対し、外貨建て債務について規制で定められた25%を上回るヘッジを行うよう要請していると明らかにした。先週からのルピア安を受けた措置。

 4月25日、インドネシア中央銀行の高官は25日、中銀が企業に対し、外貨建て債務について規制で定められた25%を上回るヘッジを行うよう要請していると明らかにした。先週からのルピア安を受けた措置。写真はルピア紙幣。シンガポールで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ナナン・ヘンダルサ氏はロイターに対し、「中銀は引き続き通貨の安定を図るが、多くの企業がヘッジを通じてこれを後押しすることを必要としている」と説明した。

ルピアの対ドル相場IDR=は前日に2年ぶりの安値となる1万3899ルピアをつけたが、25日の取引では1万3873ルピアで推移。

中銀のマルトワルドヨ総裁は24日、ルピア防衛のため、「かなり大量の」国債買いと外貨売りを実施したことを明らかにし、引き続き通貨の安定に努めていく決意を表明した。

国内の企業は現在、返済期限が3─6カ月後に控える外貨建て債務について、最低25%をヘッジすることを義務付けられている。ヘンダルサ氏は、大半の企業が規制を守っているが、規定の水準を上回るヘッジは行っていないと指摘。

一方、約10の銀行はヘッジ商品を改善し、デリバティブ(金融派生商品)の種類を増やしたと明かしたうえで、顧客の多くがヘッジを行うようになれば、銀行が将来の為替の流動性を管理する余地がさらに生じると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below