for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア石炭輸出、10日か11日に再開見込み=政府高官

 1月10日、インドネシアのルフット海事・投資担当調整相は、今月1日から実施している石炭輸出禁止措置について、国内の需要が満たされたとして10日か11日に輸出再開を許可する可能性があると述べた。写真は引き船に引かれる石炭の荷船。ボルネオ島のサマリンダで2016年3月撮影(2022年 ロイター/Beawiharta)

[ジャカルタ 10日 ロイター] - インドネシアのルフット海事・投資担当調整相は10日、今月1日から実施している石炭輸出禁止措置について、国内の需要が満たされたとして10日か11日に輸出再開を許可する可能性があると述べた。

ルフット氏はCNBCのインタビューで「きょう中かあすに一部大型船の運航を許可できる」と述べた。国営電力会社が市場価格で石炭を購入できるよう、新たな価格構造の策定を進めていることも明らかにした。

これに先立ち、アリフィン・タスリフ・エネルギー・鉱物資源相は日本の萩生田光一経済産業相との会談で、「数日中に」輸出再開を決定することを期待していると語った。

タスリフ氏は「この1週間、備蓄をしてきた。石炭確保について数日内に状況がよりはっきりし、輸出を再開できると期待している」と説明。萩生田氏は、日本企業は明確性を求めていると訴えた上で、石炭を積載済みの日本船舶については出港を認めるよう求めた。

在ジャカルタの日本大使館は先週、インドネシアのエネルギー省に対し、高カロリー石炭は国内発電所で使用されていないとして、禁輸対象から除外するよう要請した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up