October 23, 2019 / 6:21 AM / 24 days ago

インドネシア当局、ボーイング墜落事故原因を遺族に説明

[ジャカルタ 23日 ロイター] - 昨年10月にインドネシアの格安航空会社(LLC)が運航する米ボーイングの小型旅客機「737MAX」が墜落した事故に関して、同国の捜査当局は最終報告の発表に先立ち犠牲者の家族に対して、機械や設計面での問題などが事故の原因だと説明した。

犠牲者家族への説明資料では、機体を自動制御する「MCAS」と呼ぶシステムがどのように機能し、操縦士がどのように対応するかについて、誤って仮定していたことが事故の原因のひとつだとしている。

また、ひとつの「AOAセンサー(Angle of Attack sensor)」に依存したことによりシステムがより脆弱(ぜいじゃく)になったほか、墜落した航空機のセンサーが修理の際に誤って調整されていた点を挙げている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below