March 20, 2019 / 5:16 PM / 3 months ago

墜落直前に手引書で異常原因探す、昨年のライオン航空事故操縦士=関係筋

 3月20日、昨年10月に墜落事故を起こしたインドネシア・ライオン航空のボーイング737MAX機のパイロットが墜落直前の数分間、機首が異常に下がる原因を把握するために操縦ハンドブックを調べていたことが分かった。ジャカルタで15日撮影(2019年 ロイター/Willy Kurniawan)

[ジャカルタ/シンガポール/パリ 20日 ロイター] - 昨年10月に墜落事故を起こしたインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオン航空のボーイング(BA.N)737MAX機のパイロットが墜落直前の数分間、機首が異常に下がる原因を把握するために操縦ハンドブックをくまなく調べていたことが、事故機のボイスレコーダーの内容に詳しい3人の話で明らかになった。

ライオン航空のボイスレコーダーの内容が明るみに出るのは今回が初めて。ロイターはこれら記録へのアクセスはない。

ライオン航空の墜落事故は、前週起きたエチオピア航空の同型機の事故との類似性が指摘されている。

関係筋の1人は、ライオン航空のパイロットが事故直前に速度と高度についてのみ話しており、「(機首の角度を調整する)トリムが低下していることを分かっていなかったようだ」と述べた。

また、関係筋2人によると、同機は事故の前日にも同様の問題に直面。しかし、たまたま同乗していた系列会社のパイロットが解決法を伝え、事故には至らなかったという。このパイロットについては、暫定事故報告書の中では言及されていなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below