for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア機墜落、米運輸安全委が調査チーム派遣へ

 1月12日、インドネシア・スリウィジャヤ航空の旅客機が9日に海上に墜落した事故で、米国家運輸安全委員会(NTSB)は、事故調査の一環として、調査チームを数日中にジャカルタに派遣すると明らかにした。写真は墜落機のブラックボックスを回収する様子。ジャカルタで撮影(2021年 ロイター/Ajeng Dinar Ulfiana)

[ワシントン 12日 ロイター] - インドネシア・スリウィジャヤ航空の旅客機が9日に海上に墜落した事故で、米国家運輸安全委員会(NTSB)は12日、事故調査の一環として、調査チームを数日中にジャカルタに派遣すると明らかにした。

墜落機はボーイング737─500型機で、インドネシアの首都ジャカルタを離陸して4分後にジャワ海に墜落。乗客・乗員62人が搭乗していた。

NTSBによると、調査チームには、米連邦航空局(FAA)の職員や、ゼネラル・エレクトリック(GE)やボーイングの従業員も参加する。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up