May 5, 2020 / 6:53 AM / 3 months ago

インドネシア、第1四半期は2001年以来の低成長 景気後退入り観測

[ジャカルタ 5日 ロイター] - インドネシア統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比2.97%増と、市場予想を下回り、2001年第1・四半期以来の低成長となった。

 5月5日、インドネシア統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比2.97%増と、市場予想を下回り、2001年第1・四半期以来の低成長となった。ジャカルタで撮影(2020年 ロイター/Ajeng Dinar)

新型コロナウイルスの感染拡大で、経済のけん引役である消費のほか、投資、観光、資源輸出などが影響を受けた。

市場予想は4.04%増、2019年第4・四半期は4.97%増だった。

キャピタル・エコノミクスのアジア担当シニアエコノミスト、ギャレス・レザー氏は、インドネシアでは経済の一部封鎖が他国より遅れて実施されたため、第1・四半期GDPへの影響は比較的軽微だったと指摘した。その上で、封鎖措置はしばらく継続する必要があるとし、第2・四半期は大幅なマイナス成長になると予想した。

インドネシアでは3月上旬に最初の感染者が確認され、同月内に学校やオフィスの閉鎖を開始した。累計の感染者数は1万1587人、死者は864人となっている。

バンク・オブ・アメリカのエコノミスト、モハメド・ファイズ・ナグタ氏は、インドネシア経済は第2・四半期までにアジア金融危機以来となるテクニカルなリセッションに陥る可能性があると指摘。第1・四半期は季節調整済みの前期比でマイナス、第2・四半期は前期比5%近いマイナスと予想する。

バンク・ペルマタのエコノミスト、ジョスア・パルデテ氏は、インドネシア政府が部分的な封鎖措置を延長し、景気対策に即効性がなければ、第3・四半期までにリセッション入りするとみている。

スリ・ムルヤニ・インドラワティ財務相は1日、今年の成長率がマイナス0.4%になる可能性があると指摘したうえで、そうした事態の回避に当局は取り組んでいると述べている。[nL4N2BP2PB]

<追加利下げ観測>

第1・四半期はGDPの半分以上を占める家計消費の伸びが2.84%にとどまった。ここ数四半期は5%前後で推移していた。

投資や輸出の伸びもそれぞれ1.7%と0.24%に鈍化した。

エコノミストは、GDP統計を受け、さらなる利下げが必要と指摘。

スタンダード・チャータードとバンク・ダナモンは、年内あと50ベーシスポイント(bp)の利下げを予想する。

インドネシア中央銀行は、2019年以降、6回利下げし、金融システムに流動性を供給してきた。政府は医療や福祉、景気刺激に財政出動し、財政赤字は過去10年余りで最大に膨らんでいる。

アイルランガ・ハルタルト経済調整相は、2020年の成長率目標の2.3%は維持していると述べる一方で「新型コロナ感染防止策として大規模な制限措置を政府が決定しており、特に第2・四半期は需要サイドのショックがある」とオンライン会見で述べた。

同相によると、政府の新型コロナ対策タスクフォースは、より厳格な防疫ガイドラインのもとで工場の稼働を認める「出口戦略」を準備している。

*エコノミストコメントなどを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below