November 26, 2018 / 5:43 AM / 18 days ago

リオ・ティント、ナミビアのウラン鉱山会社の全株式を売却へ

 11月26日、英豪系資源大手リオ・ティントは、ナミビアにあるウラン鉱山会社、ロッシング・ウラニウム社に保有している全株式をチャイナ・ナショナル・ウラニウム・コープ(CNUC)に最大1億0650万ドルで売却すると発表した。写真はパースで2015年11月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[26日 ロイター] - 英豪系資源大手リオ・ティント(RIO.AX)は26日、ナミビアにあるウラン鉱山会社、ロッシング・ウラニウム社に保有している全株式をチャイナ・ナショナル・ウラニウム・コープ(CNUC)に最大1億0650万ドルで売却すると発表した。

ロッシング・ウラニウムの68.62%の株式売却により、広範囲にわたる戦略的資産評価が完了するとしている。

リオ・ティントのジャンセバスチャン・ジャック最高経営責任者(CEO)は「ロッシングの権益売却は、ポートフォリオ強化と中核資産への集中に対するわれわれのコミットメントを改めて実証するものだ」と述べた。

合意の実現にはナミビアの競争当局の承認などが必要。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below