February 5, 2020 / 7:42 AM / 17 days ago

第4四半期インドネシアGDP、前年比+4.97% 3年ぶり低水準

[ジャカルタ 5日 ロイター] - インドネシア統計局が発表した2019年第4・四半期のインドネシア国内総生産(GDP)は前年比4.97%増と、3年ぶりの低水準となった。

ロイターがまとめた市場予想は5.04%増だった。

2019年のGDP伸び率は5.02%。政府目標の5.3%に届かなかった。

米中貿易戦争を背景に世界経済が低迷し、商品輸出が伸び悩んだ。国政選挙で投資の決定が遅れたことも響いた。

中国で新型肺炎の感染が拡大しており、今年第1・四半期のGDP伸び率が一段と鈍化する可能性もある。

統計局によると、GDPの半分以上を占める家計消費も鈍化。衣料、携帯電話、乗用車、二輪車の販売が減少した。

GDP統計への市場の反応は薄い。

中銀は昨年4回にわたって計100ベーシスポイント(bp)の利下げを実施。中銀のペリー・ワルジヨ総裁は、あらゆる手段を活用して経済成長を下支えする方針を示した。総裁は2020年のGDP伸び率を5.3%と予想。政府目標に沿った水準となった。

インドネシアを訪れる外国人の約13%は中国人観光客。中国はインドネシアにとって最大の輸出先で、中国経済が鈍化すれば商品価格にも影響が及ぶ公算が大きい。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below