September 18, 2018 / 4:06 AM / 3 months ago

インドネシア中銀、ルピア安定のため「慎重に」介入へ=副総裁

 9月18日、インドネシア中央銀行のドディ・ブディ・ワルヨ副総裁は、通貨ルピアの安定を維持するため、中銀が為替市場に「慎重に」介入すると述べた。写真はインドネシア・ルピア紙幣。シンガポールで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[ジャカルタ 18日 ロイター] - インドネシア中央銀行のドディ・ブディ・ワルヨ副総裁は18日、通貨ルピアの安定を維持するため、中銀が為替市場に「慎重に」介入すると述べた。

副総裁は記者団に対し、ルピアの下落は外的要因によるもので、米国の輸入政策が背景にあるとの考えを示した。

ルピアIDR=IDは18日の取引で、ドルに対して一時1万4930ルピアと、1998年のアジア金融危機以来の安値に近い水準を付けた。

トランプ米大統領が17日に2000億ドル相当の中国製品に対して10%の関税を課すと発表したことを背景に、アジア市場は下落。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below