for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア、パーム油の輸出を禁止 国内供給確保で

 4月22日、インドネシア政府は、パーム油とその原材料の輸出を28日から禁止すると発表した。写真は、在庫が切れた後、住民に配布されるために容器に入れられた食用油。ジャカルタで3月10日撮影(2022年 ロイター/Willy Kurniawan)

[ジャカルタ 22日 ロイター] - インドネシア政府は22日、パーム油とその原材料の輸出を28日から禁止すると発表した。同国は世界最大のパーム油生産国で、世界全体の供給の半分超を占めている。輸出禁止により、世界的な食料インフレが一段と悪化する可能性がある。

ジョコ大統領は配信された動画で、ロシアのウクライナ侵攻を受けて食品価格が世界的に高騰したことで、食料の国内向け供給を確保したいと説明。「国内市場において調理用油が潤沢に手ごろな価格で確実に供給されるようにするため、この措置の効果を見届けて検証する」と述べた。

世界有数のパーム油輸入国であるインドの食用油生産団体の代表は「この措置は残念であり、全く予想していなかった」と話した。

パーム油の価格は今年、歴史的な高水準に上昇した。需要は強まる一方、主要生産国であるインドネシアとマレーシアでの生産が低調にとどまっているためだ。

米農務省は、ウクライナ戦争中は輸出禁止ではなく国際的な協調を呼び掛けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up