March 20, 2019 / 4:55 AM / a month ago

インドネシア大統領選、現職ジョコ氏のリード縮小=世論調査

 3月20日、インドネシアの最有力紙コンパス傘下の調査会社が実施した4月の大統領選に向けた世論調査によると、再選を目指す現職のジョコ・ウィドド大統領(右)が、野党候補の元軍人プラボウォ・スビアント氏に対して支持率のリードを縮めた。2月にシンガポールで撮影(2019年 ロイター/Edgar Su)

[ジャカルタ 20日 ロイター] - インドネシアの最有力紙コンパス傘下の調査会社が実施した4月の大統領選に向けた世論調査によると、再選を目指す現職のジョコ・ウィドド大統領が、野党候補の元軍人プラボウォ・スビアント氏に対して支持率のリードを縮めた。

調査によると、ジョコ氏の得票率は49.2%、プラボウォ氏は37.4%と、11.8%ポイントの差となる公算が大きい。

前回10月のコンパスの調査では支持率の差は19.9%ポイントに広がっていた。今回の調査は2月22日から3月5日の期間に実施された。

サイフル・ムジャニ・リサーチ・アンド・コンサルティング(SMRC)社やオーストラリアのロイ・モルガンなどの調査会社が1月に実施した調査では、ジョコ大統領のプラボウォ氏に対するリードは20%ポイント程度だった。

大統領選は4月17日に実施される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below