for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシアでM5.6の地震、160人超死亡 夜を徹した救助活動続く

[チアンジュール(インドネシア) 21日 ロイター] - インドネシア西ジャワ州チアンジュールで21日、マグニチュード(M)5.6の地震が発生し、これまでに約160人の死亡が確認された。余震が続く中、瓦礫の下に閉じ込められた人達の救助活動が続けられており、死傷者の数は増える恐れがある。

震源地は首都ジャカルタの南東約75キロのチアンジュール。インドネシア気象当局によると、震源の深さは10キロと比較的浅かった。

西ジャワ州のリドワン・カミル知事によると、これまでに162人の死亡が確認され、少なくとも326人が負傷した。

国家災害対策庁(BNPB)は現時点の死者数は62人としており、倒壊した建物のがれきの下に閉じ込められている25人の救助活動が続けられているとしている。

ただリドワン知事は記者団に対し、多くの建物が倒壊しているため犠牲者の数は今後増える恐れがあるとし、「孤立した地区でがれきの下に閉じ込められている住民もいるため、死傷者数は時間の経過と共に増加すると想定している」と述べた。

BNPBによると、2200戸を超える家屋が被害を受け、5300人を超える人々が避難を余儀なくされている。

被災地では停電しているため、通信手段が遮断。当局者によると、地滑りが発生したため一部地域で住民の避難が滞っている。リドワン知事は避難者は1万3000人に上るとの見方を示している。

首都ジャカルタでも揺れが感じられ、中心部のオフィスビルから避難した人もいた。

夜を徹した救助活動が続けられる中、地震発生からこれまでに88回の余震が発生。気象当局は大雨が降ればさらに多くの地滑りが発生するとして警戒を続けている。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up