for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア過激派指導者が出所、2002年のバリ爆破攻撃に関与

 1月8日、 202人の死者が出た2002年のバリ島爆破攻撃の首謀者とされるイスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)の精神的指導者、アブ・バカル・バシル受刑者(写真)が刑期を終えて刑務所を出所した。チラチャップの裁判所で2016年1月撮影(2021年 ロイター/Darren Whiteside)

[ボゴール(インドネシア) 8日 ロイター] - 202人の死者が出た2002年のバリ島爆破攻撃の首謀者とされるイスラム過激派組織ジェマ・イスラミア(JI)の精神的指導者、アブ・バカル・バシル受刑者(82)が8日、刑期を終えて刑務所を出所した。

バシル受刑者は、アチェ州の武装組織の養成キャンプとの関連で2011年に15年の刑で収監された。その後、刑期は何度か短縮され服役期間は10年となった。

当局によると、バシル氏は、矯正プログラムに入るという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up