for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシアと東ティモールの集中豪雨、死者計76人に

 4月5日、インドネシアの国家防災庁(BNPB)は5日、同国南東部で発生した洪水や土砂崩れによる死者数が少なくとも55人になったと発表した。40人の安否が依然不明という。写真は東ヌサトゥンガラで4日撮影。提供写真(2021年 ロイター/Antara Foto)

[ジャカルタ 5日 ロイター] - インドネシア南東部と東ティモールを襲った集中豪雨による死者が合計76人となった。

インドネシア国家防災庁(BNPB)は5日、東ヌサトゥンガラ州で洪水や土砂崩れによる死者数が少なくとも55人になったと発表。40人の安否が依然不明という。同州では少なくとも400人が避難している。

防災庁によると、複数の橋梁が崩壊したほか、倒木で一部の道路が通行できなくなった。高波で船が沈没する被害も出ているもようだ。

ジョコ・ウィドド大統領は被災者にお見舞いのメッセージを述べるとともに「医療支援や物資の配布、インフラ復旧などを急ぐよう指示した」としている。

一部の現地当局者は、死者数が100人を超えたと話しているが、防災庁は確認できないとしている。

一方、東ティモールでは主に首都ディリで21人が死亡。1500人以上が避難している。

インドネシア当局によると、豪雨をもたらした熱帯低気圧は同国から遠ざかっていくものの、今後24時間にさらに勢力を強める見通し。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up