October 31, 2018 / 12:34 AM / 16 days ago

鉱工業生産、9月は災害響き予想以上に低下 7-9月は減産に

 10月31日、経済産業省が発表した9月鉱工業生産指数速報は前月比1.1%低下となった。ロイター事前予測の0.3%低下をさらに下回り、台風など災害の影響が予想以上に色濃く表れた結果となった。写真は川崎市の京浜工業地帯で9月に撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日発表した9月鉱工業生産指数速報は前月比1.1%低下となった。ロイター事前予測の0.3%低下をさらに下回り、台風など災害の影響が予想以上に色濃く表れた結果となった。特に、流通網が途絶えて出荷が滞り電子部品や生産機械、乗用車の在庫が積み上がったことがうかがえる。この結果、7─9月は前期比減産となった。先行き10月以降は、通常の生産体制を取戻し、緩やかながらも持ち直す姿となっている。

9月の生産水準は101.4と、今年1月以来の低水準に落ち込んだ。出荷は前月比3.0%の大幅低下、このため在庫は4カ月ぶりの上昇となった。

乗用車や自動車部品、半導体・フラットパネル装置、鋼材などの生産が減少した.

7ー9月期の生産は前期比1.6%の低下で、2四半期ぶりの減産となった。この夏は自然災害の影響でたびたび生産や出荷が滞る事態が起きた上、世界経済の減速により輸出が振るわなかったことがある。

先行きの企業の生産計画をもとにした生産予測指数は、10月が災害の影響からの反動増で前月比6.0%の上昇となっているが、経済産業省が誤差などを調整した結果、同0.9%程度の緩やかな上昇となりそうだ。11月の予測指数は同0.8%の低下で、横ばい程度の動きが予想されている。

ただ、世界経済の行方や日本への影響度合いなどに不透明感が増している。「世界経済そのものの勢いは17年と比べて鈍く、かつ米中貿易摩擦の激化、中国経済自身の減速などを考慮すると、日本の輸出の増勢が強まることもあまり期待できない」(農中総研・南武志・主席研究員)との見方が広がっており、生産も停滞感が残る可能性が指摘されている。

*内容を追加しました。

中川泉

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below