for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メーカー各社、半導体不足の解消見込む 現代自は下期に増産へ

 韓国の現代自動車やスイスの重電大手ABB、スウェーデンの家電大手エレクトロラックスなどメーカー各社の間で、世界的な半導体不足が解消されつつあるとの見方が出ている。写真はイメージ。2月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[チューリッヒ/ストックホルム 21日 ロイター] - 韓国の現代自動車やスイスの重電大手ABB、スウェーデンの家電大手エレクトロラックスなどメーカー各社の間で、世界的な半導体不足が解消されつつあるとの見方が出ている。

現代自動車は21日に第2・四半期決算を発表した際、世界的な半導体不足が緩和しつつあり、国内工場で残業や週末のシフトが再開したと明らかにした。下期には顧客需要に応えるため生産を増やす計画。

同社の第2・四半期決算は、ウォン安などが寄与して59%の増益となった。

ABBも決算発表時に半導体の調達難が緩和されつつあるとの見方を示した。半導体供給が増えれば産業用ロボットやモーターなどの出荷が可能になるとし、今後3カ月の売上高の伸びは2桁台になるとの見通しを示した。

同社の制御システムやモーターへの需要は世界経済のバロメーターと見られている。

フィンランドの通信機器大手ノキアも半導体の逼迫は下半期から来年上半期にかけて緩和するとの見通しを示した。

エレクトロラックスは、サプライチェーン(供給網)の制限が下期に緩和すると予想。ジョナス・サミュエルソン最高経営責任者(CEO)は、半導体などの需給状況について、徐々に正常な状態に戻りつつあるとの見方を示している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up