Reuters logo
北海の主要パイプライン、来年1月初めに稼働再開へ=運営会社
December 21, 2017 / 10:00 AM / a month ago

北海の主要パイプライン、来年1月初めに稼働再開へ=運営会社

[ロンドン 21日 ロイター] - 北海の主要パイプライン「フォーティーズ」を運営するスイスの化学大手イネオスは21日、同パイプラインについて、クリスマスに復旧作業が完了し、1月初旬に稼働を再開するとの見通しを示した。

同社は、声明で「パイプラインの修理は順調に進んでおり、現在の見通しに基づくと、クリスマスごろに完了する計画」と説明。

「最初は、少数の顧客がパイプラインに輸送する石油・ガスを低水準に維持し、イネオスがフローを十分管理できるようにする。パイプラインは徐々に稼働のペースを上げて来年初めに通常の水準に戻る見込みだ」としている。

フォーティーズは英国に原油を日量約45万バレル輸送する。また英国の沖合天然ガス生産のうち、3分の1相当の輸送も担う。亀裂が見つかったことで、11日から操業を停止している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below