for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独インフィニオン、昭和電工と契約 半導体需要の拡大に対応

[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツの半導体大手インフィニオンは6日、半導体需要の拡大に対応するため、昭和電工と契約を締結したことを明らかにした。

昭和電工が、パワー半導体の材料である炭化ケイ素(SiC)エピタキシャルウエハーなどを供給する。パワー半導体は産業用電力の供給や電気自動車の充電施設に利用される。

契約期間は2年で、延長オプション付き。

インフィニオンは「この成長市場でウエハーのサプライヤー基盤を昭和電工と拡大することは、当社の調達先多様化戦略の重要のステップになる」と表明。

インフィニオンは、SiCベースの半導体の市場が今後5年間で年30ー40%拡大すると予想している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up