May 13, 2014 / 2:42 AM / 5 years ago

麻生財務相、物価連動債の個人保有「来年から解禁」

 5月13日、財務省は、これまで税制上の理由から保有を認めていなかった物価連動国債の個人保有を15年1月から解禁する。麻生財務相が明らかにした。都内で昨年1月撮影(2014年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - 財務省は、これまで税制上の理由から保有を認めていなかった物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁する。デフレからの脱却を想定し、金融機関だけでなく個人からの需要も高まると判断した。麻生太郎財務相が13日、閣議後の記者会見で明らかにした。

物価連動国債は、物価変動に合わせて元本が増減する。増加分に課される利子所得は、金融機関は免除となる一方、個人は源泉徴収されるため、満期を迎える10年間、誰が保有しているか把握する必要があるなどの課題があった。

それを、増加部分についてはキャピタルゲイン課税とし、増えた分を申告納付する手法に切り替えることで個人保有を認めることにした。

麻生財務相は記者会見で「個人による保有は禁止していたが、デフレからの脱却を目指す中、個人からのニーズに応えるのも必要」と語った。

山口貴也 編集:田中志保

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below