March 1, 2018 / 7:01 PM / 3 months ago

情報BOX:パウエル米FRB議長議会証言の要旨

[1日 ロイター] - パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が1日に上院銀行委員会で行った証言の主な内容は以下の通り。

*賃金の明確な上昇を示す確固たる兆候は確認していない。

*現在経済が過熱している兆候は存在しない。

*財政政策は今年インフレに上振れ圧力を加える公算が大きい。

*FRBは、状況の対処で後手に回り、急速な利上げを余儀なくされることで景気後退(リセッション)を招くことは望んでいない。

*長期金利は、成長加速期待によって上昇している。インフレ上昇や海外で成長に弾みがつくとの期待も存在する。

*関税は、貿易問題への対処で最善策ではない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below