Reuters logo
銃火器負傷によるコストは全米で年5兆円、対応必要=リポート
2017年10月5日 / 06:34 / 13日前

銃火器負傷によるコストは全米で年5兆円、対応必要=リポート

10月4日、米医療専門誌「ヘルス・アフェアーズ」に掲載されたリポートによると、米国では銃による負傷に伴い、年間で医療入院費28億ドル、労働損失と医療ケアで460億ドル(約5兆1900億円)のコストがかかっている。写真は9月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts )

[4日 ロイターズ・ヘルス] - 米医療専門誌「ヘルス・アフェアーズ」に掲載されたリポートによると、米国では銃による負傷に伴い、年間で医療入院費28億ドル、労働損失と医療ケアで460億ドル(約5兆1900億円)のコストがかかっている。

リポートを共同製作したジョンズ・ホプキンス大学医学部のファイズ・ガニ研究員は電話インタビューで、米国の病院で治療を受ける火器負傷者は年間7万8000人という「驚くべき数字だ」と指摘。「医療・経済面で大きな負担が生じており、何らかの対応の必要に迫られている」と述べた。

ガニ研究員らは、2006─14年に銃火器による負傷のため生存状態で米国の救急外来に搬送された患者を分析。その結果、合計で70万人以上が緊急処置を受けた。

男性が銃撃で負傷する確率は女性の9倍、特に20─24歳の男性のリスクが最も高かった。さらに、死亡に至らなかったケースの3分の1以上が意図しない発砲だった。同研究では、人種についての情報は収集されなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below