December 20, 2017 / 3:13 AM / 6 months ago

17年仏成長率予想を1.9%に上方修正、6年ぶり高水準=INSEE

[パリ 19日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)は19日、2017年の国内総生産(GDP)伸び率予想を1.9%に上方修正した。好調な設備投資や新築住宅購入を背景に伸び率は6年ぶり高水準になる見込み。

 12月19日、フランス国立統計経済研究所(INSEE)は、2017年の国内総生産(GDP)伸び率予想を1.9%に上方修正した。写真はパリ近郊のラ・デファンスで11月撮影(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

従来予想は1.8%だった。

INSEEの成長率予想は昨年実績の1.1%を大幅に上回る水準で、政府予想(1.7%)や中央銀行が前週示した予想(1.8%)も上回る。

企業信頼感が高まる中、金利が過去最低に依然近い水準にあることから、INSEEは今年の設備投資は4.4%増加し、内需を幅広く押し上げるとみている。

新築住宅の購入が80%を占める家計投資も、低金利を背景に5.2%増加する見通しという。

一方、対外貿易からの成長下押し要因は、主要貿易パートナーの好調な経済を背景に輸出が増加するのに伴い減少する見込み。

消費支出はインフレが家計の購買力を圧迫することなどから鈍化が予想されている。

2018年初めには社会保障増税も実施されることから、家計の購買力にはさらなる打撃となる見通しだ。

また来年初めにはたばことディーゼルの増税も発効する。このためインフレ率は2017年の平均1.2%から来年上期を通じて1.6%に加速する見込みという。

INSEEは失業率については、第4・四半期に9.7%に上昇した後、再び緩やかに低下し、来年半ばまでに9.4%になると予想している。

17年第4・四半期のGDP伸び率は前期比0.6%になる見込み。18年第1・四半期は0.5%、第2・四半期は0.4%と予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below