August 9, 2018 / 9:24 AM / 2 months ago

米インテル、AI向け半導体を17年に10億ドル販売

[サンタクララ 8日 ロイター] - 米半導体大手インテル(INTC.O)は8日、昨年は人工知能(AI)向け半導体の売上高が10億ドルに上ったと発表した。AI半導体の売上高を公表したのは初めてで、エヌビディア(NVDA.O)など競合他社が台頭する中で売り上げを伸ばした。

 8月8日、米半導体大手インテルは、昨年は人工知能(AI)向け半導体の売上高が10億ドルに上ったと発表した。写真は同社のロゴ。サラエボで1月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

インテルのAI製品グループ幹部ナビーン・ラオ氏はロイター通信に対し、AIのために半導体を買っているという顧客の話を元に10億ドルという推定を立てたと説明。「正直な感想としては、もっと多い数字だろうが、慎重な見立てをしたかった」と述べた。

パソコンの売り上げが伸びない中、インテルはモバイル機器やアプリ向けのデータセンター分野に注力。写真や音声認識などのアプリはAI活用度が高まっている。

ただ専門家の間では、インテル製のプロセッサーよりもエヌビディア製の方がAIの習熟に向いているという評価が常識となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below