for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米インテル、PC用半導体部門の採用凍結 少なくとも2週間

米半導体大手インテルはコスト削減策の一環として、パソコン(PC)向け半導体を手掛ける部門で採用を凍結している。写真は、同社のロゴ。2022年5月25日にスイス・ダボスで撮影。(2022年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[8日 ロイター] - 米半導体大手インテルはコスト削減策の一環として、パソコン(PC)向け半導体を手掛ける部門で採用を凍結している。ロイターが入手した8日付の社内メモで分かった。

それによると、クライアントコンピューティング部門で全ての採用が一時停止されている。ただ、一部の採用は同部門の優先事項再評価を経て早ければ2週間後に再開される可能性がある。

インテルは発表文書で「半導体業界は長期的な成長サイクルの始まりにあり、当社は適切な戦略を持っていると確信している」とし、支出削減への取り組みを強化することが、マクロ経済を巡る不透明感を乗り切り戦略を実行し、顧客、株主、従業員への責任を果たすことにつながるとの見解を示した。

クライアントコンピューティング部門は売上高で同社最大の部門。直近の四半期売上高184億ドルのうち93億ドルを占める。

メモでは、同部門の出張キャンセルや業界会議への参加制限、可能な場合にオンラインでミーティングを開く指示など他のコスト削減策も示されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up