for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル、第2四半期利益見通しなどが市場予想下回る 株価下落

[22日 ロイター] - 米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

2021年の調整後売上高見通しは725億ドル、1株利益見通しは4.60ドルとし、リフィニティブのアナリスト予想(723億2000万ドル、4.58ドル)を上回った。

一方、第2・四半期の調整後売上高見通しは178億ドルとアナリスト予想の175億9000万ドルを上回ったが、1株利益見通しは1.05ドルと予想の1.09ドルを下回った。

これを受け、インテル株価は引け後の取引で2.2%安の61.17ドルとなった。

第1・四半期(3月27日まで)のパソコン向け半導体事業の売上高は106億ドルと、ファクトセットのアナリスト予想(101億7000万ドル)を上回ったものの、データセンター向け半導体事業の売上高は56億ドルと市場予想(58億9000万ドル)を下回った。

第1・四半期の調整後売上高は186億ドル、1株利益は1.39ドル。それぞれリフィニティブのアナリスト予想(178億9000万ドル、1.15ドル)を上回った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up