July 9, 2015 / 10:17 AM / 4 years ago

インタビュー:自衛隊の潜水艦に豪州製部品を=ゼノフォン豪上院議員

 7月9日、次期潜水艦を日本で造ることに異議を唱えるオーストラリアのゼノフォン上院議員(無所属)はロイターとのインタビューで、自衛隊向けの潜水艦に豪州製の部品を使用するなら、日本の案も選択肢になるとの考えを示した。写真は海上自衛隊の潜水艦。2006年10月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 次期潜水艦を日本で造ることに異議を唱えるオーストラリアのゼノフォン上院議員(無所属)は9日、ロイターとのインタビューで、自衛隊向けの潜水艦に豪州製の部品を使用するなら、日本の案も選択肢になるとの考えを示した。

来日中のゼノフォン上院議員は、神戸市に潜水艦の製造施設を置く三菱重工業 (7011.T)と川崎重工業(7012.T)を訪問。防衛省と海上自衛隊、経済産業省の関係者とも意見を交わした。

同議員は日本側に対し、現行のコリンズ級潜水艦を調達したときと同様、全体の7割を豪州国内で造るのが最低条件だと伝えたという。さらに豪州で造る部品を自衛隊のそうりゅう型に使うことを提案したという。

ゼノフォン氏はロイターに対し「(そうりゅう向けの)部品を豪州で造るなら、日本の立場を一変させる」と語った。

豪政府は2030年代ごろに潜水艦の世代交代を計画。当初は日本からの輸入を検討していた。

しかし、豪国内の雇用に打撃を与えるとして反対の声が強まったことから、日本、ドイツ、フランスから提案を受ける方針に転換した。

ゼノフォン氏によると、独、仏は豪州で生産することを提案しているという。日本は提案内容をまだ固めていない。

議員は「豪政府が国外で造ることを選択すれば、選ばれた国は豪政治の騒ぎに巻き込まれるだろう」と述べた。

造船業が集積する南オーストリア州選出のゼノフォン氏は、潜水艦の調達計画を次期選挙の争点にすると指摘。与党・自由党が同州で持つ議席すべてに対し、対立候補を立てる考えを示した。自由党の6議席のうち、4議席は確保したいと語った。

ティム・ケリー、久保信博 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below