June 30, 2015 / 11:48 AM / 4 years ago

インタビュー:歳出の「目安」明記で「画餅」回避=土居慶大教授

[東京 30日 ロイター] - 土居丈朗・慶應義塾大学教授はロイターのインタビューで、30日に閣議決定された政府の「経済・財政再生計画」について、歳出額に関する「目安」が一切なければ「画餅に帰す恐れがあった」と述べ、目安が記されたことで財政健全化目標の実現に向け、最低限の要件を備えた計画になったとの認識を示した。

中間目標として基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)赤字対GDP(国内総生産)比1%に加えて、歳出額の目標設定を求め、政府に揺さぶりをかけた自民党の財政再建特命委員会(委員長:稲田朋美政調会長)の存在は「財政健全化に現実味を与える最後の砦になった」と評価した。

今後の課題では、2018年度の中間評価の時点で「最大限の歳出改革を行ってもなおPB黒字化にめどが立たなければ、10%超への消費税引き上げも思考停止にならず議論すべきだ」と、さらなる歳入改革の必要性を強調した。

土居氏は、自民党特命委員会にアドバイザーのひとりとして参画。政府・与党の検討作業に深くかかわった同氏に「経済財政再生計画」の評価を聞いた。

インタビューの概要は以下の通り。

──「経済・財政再生計画」は、2020年度PB黒字化実現に向けた「具体的な計画」と評価できるか。

「歳出額に関する『目安』が記されたことで、黒字化実現に向けた最低限の要件を備えた計画になった。歳出額の目安が一切なければ、成長による税収増に依存した計画となり、画餅に帰す恐れがあった」

──計画全体の実効性は、担保されたと見るか。

「歳出改革の継続の必要性を明確にすることで、5月12日諮問会議の麻生財務相提出資料のように、歳出改革によって9.4兆円のPB赤字の大宗は解消可能との道筋をつけたことは大きい」

「成長依存の財政健全化か歳出改革主導の財政健全化か、総論では相違があったが、各論(改革の具体策)では方向性がほぼ一致した点は重要で、後は社会保障改革に真摯に取り組むことで実効性を高めるべきである」

「細部に神を宿し魂を込めて、実を取ることはできた。『検討』が後ろにつかない形で、病床の機能分化・連携を進める、療養病床については入院受療率の地域差縮小を行う、外来医療費についても重複受診・重複投与・重複検査等の適正化を行いつつ地域差の是正を行う、都道府県ごとに医療費の水準や医療の提供に関する目標を設定する医療費適正化計画を策定、都道府県別の一人当たり医療費の差を半減させることを目指す、後発医薬品に係る数量シェアの目標値については平成29年央に70%以上とするとともに平成30年度から平成32年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする、調剤報酬について医薬分業の下での調剤技術料・薬学管理料の妥当性など検証した上で適正化することなどが明記された。これらが閣議決定されるなら大きな意味を持つ」

──決定プロセスで、自民党特命委員会が果たした役割をどのように評価するか。

「空文化しかねない財政健全化計画を、最低限の歯止めを担保した点で他にできない貢献ができたと思う。財政制度等審議会(財務相の諮問機関)建議でも似たことは提言したが、諮問会議では『のれんに腕押し状態』。財政健全化に現実味を与える最後の砦になった」

──今後の課題は何か。10%超への消費税引き上げの議論は、いつごろ着手できるとみるか。

「成長促進による歳入増が『捕らぬ狸の皮算用』にならないよう、成長戦略を成果が出るように実行しなければならない」

「そのうえで、2018年度の中間評価が2020年度に向けた最後のチャンスになる。2018年は診療報酬・介護報酬の同時改定があり、残り2年の歳出改革の具体策を盛り込めるだけ盛り込まなければならない。その時点で、最大限の歳出改革を行ってもなおPB黒字化に目途が立たなければ、10%超への消費税引き上げも思考停止にならずに議論すべき」

「今回の財政健全化の論議は、残念ながら財政再建志向が弱いレベルの議論から始めざるを得なかった。最初はそもそも基礎的財政収支黒字化という目標自体をやめてはどうかという主張があり、それをねじ伏せたと思えば、今度は歳出額の目標設定はいらないという主張が立ちはだかった。結果的には、これらを辛うじて退けて収めるべきところに何とかたどり着いた」

「本来は、骨太2006の機械的な歳出削減による財政健全化を超えたレベルで、目指すべき社会保障改革の理念を国民と共有しながら、改革の具体策について合意した上で自然増を抑制するという道筋を目指すべきだった」

「社会保障改革の理念については、特命委で提起した『改革5原則』が骨太2015に盛り込まれ喜ばしいところだが、そこにたどり着くまでの緩い議論は、今回限りとすべきだ」

吉川裕子 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below