Reuters logo
インタビュー:ECB、緩和解除は緩やかに行う必要=副総裁
2017年11月29日 / 17:01 / 13日前

インタビュー:ECB、緩和解除は緩やかに行う必要=副総裁

[フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は29日、緩和策により資産バブルが助長されるとの懸念があるなかでも、ECBは景気刺激策の解除を緩やかに行っていく必要があるとの考えを示した。

同副総裁はロイターに対し、過度に活況を呈している市場は金融安定に対するリスクをはらむとの認識を示しながらも、金融引き締めは緩やかに行う必要があるとの従来の考えをあらためて表明。その理由として、「ECBが担う責務は、物価安定、およびインフレの正常化に向けた経済・財政状況を整えることを最優先させるものとなっている」と説明した。

また、世界各国でみられている市場の調整は欧州にも影響を及ぼす可能性があるとしながらも、ECBの追加緩和が必ずしも必要になるわけではないと指摘。「景気回復の腰が折られるほど資産市場における価格調整は大きくない」と述べ、一段と深刻な事態が発生すればECBは対応するとの立場を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below