October 18, 2019 / 2:19 AM / a month ago

インタビュー:伊予算案がEUルールと整合的か精査中、危機は想定せず=欧州委員

 10月17日、欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務・税制)はロイターのインタビューで、イタリアの2020年予算案で構造的財政赤字の増加が見込まれていることについて、EU財政ルールと整合的かどうか調べているところだが、危機を招くとは想定していないと述べた。写真は8月にベルリンで撮影(2019年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ワシントン 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務・税制)はロイターのインタビューで、イタリアの2020年予算案で構造的財政赤字の増加が見込まれていることについて、EU財政ルールと整合的かどうか調べているところだが、危機を招くとは想定していないと述べた。

イタリア政府は今週、20年予算案を欧州委に送付した。これによると、景気変動の影響を除く構造的財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は0.1%ポイント増える見通し。EUルールでは0.6%ポイントの削減が必要とされている。

モスコビシ氏は「イタリアの予算を分析しており、数日内で回答する必要がある。数字に整合性があり、若干の財政悪化について正当な理由があるかどうか見極めている」と述べた。

「同予算への対応で危機を招くような状況にはないが、前進しなくてもいいというわけではない」とした。

イタリアの前政権が昨年提出した予算案はEUルールからあまりにも逸脱していたため、欧州委は初めて予算案を送り返し、是正を求めた。この結果、イタリア国債利回りが急上昇し、伊政府との対立が深まった。

その後の政権交代で、親EU色が強い連立政権が発足。

モスコビシ氏は「現政権との20年予算に関する協議は、前政権との19年予算案に関する協議に比べて大いにやりやすくなった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below