February 13, 2018 / 3:01 AM / 8 months ago

黒田日銀総裁、続投か:識者はこうみる

[東京 13日 ロイター] - 政府は次期日銀総裁人事について、4月8日に5年間の任期満了を迎える黒田東彦総裁(73)を続投させる方針を決めた。関係筋が10日、明らかにした。大規模緩和によって日本経済をデフレとはいえない状況まで回復させた手腕に対する安部晋三首相の信頼は厚く、黒田氏の続投がアベノミクスの継続と市場の安定に不可欠と判断した。市場関係者のコメントは以下の通り。

 2月13日、政府は次期日銀総裁人事について、4月8日に5年間の任期満了を迎える黒田東彦総裁(73、写真)を続投させる方針を決めた。写真は都内で1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

<野村証券 チーフ為替ストラテジスト 池田雄之輔氏>

黒田東彦総裁が再任されるとの予想は、市場にほぼ織り込まれていたため、週末のメディア報道に対して、為替相場は反応薄だった。2期目においても黒田氏は基本的に金融政策の現状維持路線を踏襲するだろう。

ただ、副総裁人事を巡っては、黒田総裁に「ジレンマ」が生じる可能性がある。

現在の日銀政策委員会にはタカ派がいなくなり、ハト派がマジョリティーとなっている。このため、黒田総裁はしばしば「追加緩和は不要」と防戦的なメッセージを発する必要に駆られている。リバーサル・レートなど、行き過ぎた緩和の弊害を説明せざるを得なかったのもこの流れが影響しているとみている。

今回、ヘリコプターマネーについて肯定的に説明する本田悦朗氏のような人物が副総裁に就任した場合、総裁は追加緩和を否定する役割を一段と担うことになり、市場からはかえって「タカ派」的と見なされてしまうリスクがある。

このため、本田氏が副総裁に就いた場合には、ドル/円相場が一時的に円安に振れる局面があっても、あくまで一時的なものに終わるとみている。

現時点で3月末までのドル/円相場の中心レンジは108―112円と予想している。

<SMBC日興証券・チーフ金利ストラテジスト 森田長太郎氏>

日銀の黒田東彦総裁が続投されるとの一連に報道内容はメインシナリオ。日銀金融政策の継続性を任命権者である内閣として重視しているのだろう。また、副総裁に、現行の政策立案に深く関ってきた雨宮理事の昇格の可能性が一部で報じられている。人事が内定したからといって、次期黒田体制の日銀が早々に「正常化」のメッセージを打ち出していくことは考えにくい。

次期体制が現行政策の継続を明確に示していくことが、市場の安定に寄与するとの判断が働いたのかもしれない。円債市場はイールドカーブ・コントロール(YCC)政策が継続するとの見方から基本的にレンジ相場が継続するだろう。しかし、グローバル市場の混乱の程度次第ではいずれ金利が低下方向での圧力を受けてくる可能性はないとはいえない。

市場では、日銀買い入れ減額の思惑がくすぶっている。フラット化が行き過ぎるようだと、減額の可能性も否定できないが、日銀としては新人事が正式にアナウンスされるまでは、市場の混乱を招くような不用意なことはしたくないだろう。外部環境次第とみている。

<大和住銀投信投資顧問 経済調査部部長 門司総一郎氏>

副総裁の後任人事ついて、日銀の雨宮正佳理事が入るならば、無難な人選と受け止められるだろう。もう一人に関しては、本田悦朗・駐スイス大使や若田部昌澄・早稲田大学教授の名が挙がっているが、まだみえない。

今はどちらかというと、金融政策の正常化を期待している投資家が多い。安倍首相自身の金融政策の関心も、おそらく前ほどの高さではないはずだ。景気は良くなっているほか、支持率もそれなりの水準を保っている。大規模な緩和、ヘリコプターマネーなどを無理に行うことはリスクになる。大幅な円安で株価は上昇するかもしれないが、財政破綻の懸念などもある。(若田部氏や本田氏が副総裁となった場合)金融政策の安定性が失われる可能性もある。

副総裁人事の報道が出た場合、その時々の市場のセンチメントに合わせるような形で、売買の材料にされることが考えられる。だが今の市場は、日銀人事とは他の理由で動いている。

4月以降の金融政策決定会合で政策の変更が示唆されるかが当面の焦点となるとみている。公式に出口戦略に進むことが示されれば、日経平均で5%から最大で10%調整することもあると思う。ただし初期反応はマイナスだが、しばらくすれば出口戦略を進められるほど経済がしっかりしてきたとの見方から、市場は徐々に落ち着きを取り戻していくだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below