for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米バークシャー、米銀株を一部売却 加バリック・ゴールドに投資

 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイは、第2・四半期にウェルズ・ファーゴやJPモルガン・チェースなどの株式を一部売却したほか、米ゴールドマン・サックス・グループの株式をすべて売却。一方、新たにカナダ産金大手バリック・ゴールドの株式2090万株を取得した。写真は前年の株主総会に出席したバフェット氏(2019年 ロイター/Scott Morgan)

[14日 ロイター] - 著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイBRKa.Nは、第2・四半期にウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)WFC.NやJPモルガン・チェースJPM.Nなど米大手行の株式を一部売却したほか、米ゴールドマン・サックス・グループGS.Nの株式をすべて売却した。

6月末時点の米上場企業への投資に関する当局への提出文書で14日分かった。

届け出によると、バークシャーは新たにカナダ産金大手バリック・ゴールドABX.TOの株式2090万株、5億6360万ドル相当を取得した。

バリック株はこのところの金価格上昇の恩恵を受けており、バークシャーの発表後には株価が時間外取引で3.2%上昇した。バリックはコメント要請に応じていない。

バークシャーは第2・四半期にWファーゴ株の保有を26%減らし、2億3760万株とした。同社は2018年以降、不祥事に揺れるWファーゴの株式の保有を半分以下に減らしてきた。

バークシャーはまた、JPモルガン株の保有を62%減らして2220万株としたほか、保有していたゴールドマン株190万株を全て売却した。

一方、いくつかの銀行への投資は続け、バンク・オブ・アメリカBAC.Nにはここ1カ月で20億ドル以上を投じ、11.9%の株式を保有している。

このほか、バーガーキングなどの親会社であるトロント拠点のレストラン・ブランズ・インターナショナルQSR.TOへの投資からは撤退した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up