April 26, 2019 / 2:37 AM / in 3 months

米拠点の高利回り債ファンドから資金流出、リスク資産の買い一服

 4月25日、リフィニティブ傘下の調査サービス会社リッパーが発表した米国拠点ファンドの週間資金動向(24日までの週)によると、リスク資産への買いが一服し、高利回り債ファンドは5億2000万ドルの流出超となった。写真はワルシャワで2011年1月撮影(2019年 ロイター/Kacper Pempel)

[25日 ロイター] - リフィニティブ傘下の調査サービス会社リッパーが25日に発表した米国拠点ファンドの週間資金動向(24日までの週)によると、リスク資産への買いが一服し、高利回り債ファンドは5億2000万ドルの流出超となった。

株式ミューチュアルファンドも36億4000万ドルの流出超となり、2月中旬以降の資金流出が続いた。

また、株式上場投資信託(ETF)が36億8000万ドルの流出超と、3月下旬以降で初めて流出に転じた。

リッパーのシニアリサーチアナリスト、パット・キオン氏は高利回り債ファンドからの資金流出について、トレンドの転換というより1週間の例外的な動きではないかと指摘。

高利回り債は投資適格級債と比べてリスクが高いことから、他の課税対象債券よりも株式との相関性のほうが高いとし、最近の好調な米経済指標や底堅い企業決算を受け、株式とともに高利回り債が上昇するとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below