for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

五輪=IOC、東京大会の送金を疑う理由なしとの見解

5月26日、IOCのジョン・コーツ副会長(写真)は、2020年東京五輪招致での送金について、JOCの竹田恒和会長を疑う理由はないとの見解を示した(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 26日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は26日、2020年東京五輪招致での送金について、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を疑う理由はないとの見解を示した。

竹田会長は招致委員会によるシンガポールの口座への200万ドル(約2億2000万円)以上の支払いは正当なコンサルティング費用だと弁明。コーツ副会長は、懸念を示しながらも、IOCでは独自の調査は行わず、日本と、捜査を行っているフランス司法当局に任せると明かした。

支払いを受けた口座は汚職により調査を受けている国際陸連(IAAF)のラミン・ディアク元会長の息子、パパ・ディアク氏の友人が所有していた。フランス司法当局は調査を行い、日本でも調査チームが設立されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up