February 23, 2018 / 1:05 AM / 7 months ago

五輪=ロシア、閉会式に「国家」として参加か IOCが検討

[平昌(韓国) 22日 ロイター] - 平昌冬季五輪の閉会式で、国際オリンピック委員会(IOC)がロシアに国旗を掲げて行進することを許可する可能性が高まっている。

 2月22日、平昌冬季五輪の閉会式でIOCがロシアに国旗を掲げて行進することを許可する可能性が高まっている。ソチで2014年2月撮影(2018年 ロイター/Jim Young)

ロシアは2014年ソチ五輪で国ぐるみの組織的なドーピング違反を行ったとして、平昌五輪への参加を禁止されたが、厳格な基準を満たして潔白を証明された選手に限り、「ロシアからの五輪選手」(OAR)として個人資格での参加が認められた。ただ、国としての参加は認められていないため、国歌や国旗の使用は禁止されている。

しかし、事情に詳しい関係者によると、25日の閉会式にロシアが国家として参加することに反対するIOC委員は少数派だという。カーリング混合ダブルスで銅メダルを獲得した男子のアレクサンドル・クルシェルニツキーが薬物陽性反応を示したマイナス材料はあるものの、大きな影響にはならないとの見解を示している。

IOCはこの件についてコメントを控えた。

昨年12月に国家としてのロシアの五輪参加は禁止したものの、大会中に規範を順守した場合は閉会式で処分を解除する可能性を示していた。IOCは24日に理事会を開き、この件について検討する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below