January 11, 2020 / 5:09 AM / 3 months ago

イラン軍がウクライナ機の撃墜認める、人為的ミス

 イラン軍は11日、国営テレビを通じて声明を発表し、同国で墜落したウクライナ機について、人為的ミスで撃墜したと認めた。写真は8日にテヘラン郊外の墜落現場で撮影。提供写真(2020年 ロイター/WANA (West Asia News Agency) )

[ドバイ 11日 ロイター] - イラン軍は11日、国営テレビを通じて声明を発表し、同国で墜落したウクライナ機について、人為的ミスで撃墜したと認めた。ザリフ外相はソーシャルメディアで、米国の「冒険主義」が遠因と指摘した。

イラン軍は声明で、同機がイラン革命防衛隊の施設に接近していたと発表。その上で、責任者は軍内の司法部門で追及され、責任を取ることになるとした。

ウクライナ国際航空の米ボーイング737型機は8日、イランの首都テヘランのエマームホメイニ空港を離陸した直後に墜落。乗員乗客176人全員が死亡した。[nL4N29D1A7]

イラン軍は声明の中で、犠牲者の遺族に哀悼の意を表明した。

墜落を巡っては、米国とカナダが撃墜されたと主張していたが、イランは当初、撃墜を否定していた。[nL4N29E3DI]

イランのザリフ外相はツイッターで、「米国の冒険主義によって引き起こされた(米イラン間の)危機時における人的ミス」が惨事につながったと指摘した。

同国のロウハニ大統領もツイッターに投稿し、「この悲惨な過ちに深い遺憾」を表明。「私の思いと祈りはすべての嘆く遺族へ。深い哀悼の意をささげる」とした。

*本文の体裁を整え再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below