January 9, 2020 / 7:07 AM / a month ago

ウクライナ機事故、イラン軍が誤射か ミサイルで撃墜の可能性

[ドバイ/キエフ/ワシントン 9日 ロイター] - ウクライナ政府は9日、同国の旅客機(ボーイング737─800)が8日イランの首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落し乗員乗客176人全員が死亡した事故の原因を巡り、ミサイルによる撃墜を含む4つの可能性について調査を進める考えを明らかにした。

また米当局者は、イラン空軍が誤って撃墜した公算が大きいとの考えを示した。

ウクライナは、現場で見つかったとされるイラン軍が使用するロシア製ミサイルの破片の写真がインターネット上で取り沙汰されていることに言及し、ウクライナの調査団がミサイル撃墜の可能性を巡り現場を調査したい考えを示した。さらにミサイル撃墜のほか、衝突、エンジンの爆発、テロの計4つの可能性について調査するとした。

ある米当局者は墜落事故が発生する直前にミサイル2発が発射された兆候を米国の衛星が捉えていたことを明らかにした。別の当局者2人によると、米政権は旅客機が誤って撃墜されたと認識しているという。

トランプ米大統領は記者団に対し「誰かが誤りを犯した可能性がある」と述べたが、具体的な詳細には踏み込まなかった。

イランの民間航空当局はこの日、初期調査報告書を公表し、機体が墜落直前に炎上していたと指摘。高高度で飛行していた別の航空機や地上からの目撃情報として、事故機は飛行中にすでに燃えていたとしている。また、同機は離陸後間もなく技術的な問題が生じ、近隣の空港に向かい始めた後に墜落したとの見方を示した。

報告書では技術的な問題の詳細に踏み込んでいないが、カナダの安全保障当局関係者はロイターに対し、エンジンの1つに過熱の痕跡が見られたと述べている。

墜落事故の調査は複雑で、全容把握には通常数カ月の時間を要することから、事故発生から24時間以内に初期報告者が公表されるのは極めてまれ。

ウクライナのゼレンスキー大統領はテレビでの声明で、事故を巡り情報操作や憶測、陰謀説、性急な判断などを控えるよう求めた。

ウクライナ大統領府によると、イランのロウハニ大統領はゼレンスキー大統領に対し、ウクライナの調査団が必要とするデータへの完全なアクセスを提供することを確約した。

イランのウクライナ大使館は8日、事故原因としてエンジンの故障にいったん言及したが、その後の声明で、原因はまだ明らかにされていないと修正。当初のコメントは公式のものではないと説明していた。

カナダのシャンパーニュ外相は声明で、同国が犠牲者の身元確認作業や事故原因の調査に参加できるようイランに求めた。今回の事故ではカナダ人も犠牲者に含まれている。

 ウクライナ国際航空機がテヘランの空港を離陸した直後に墜落した事故を巡り、イランの民間航空当局は初期調査報告書で、機体は墜落直前に炎上していたと指摘した。写真は8日、事故現場で撮影。提供写真(2020年 ロイター/Nazanin Tabatabaee/WANA (West Asia News Agency)

英国のジョンソン首相はゼレンスキー大統領との電話会談後、透明性のある調査を進めるようイランに要請した。

イラン民間航空機構(CAO)のアベドザデ総裁はウクライナ機の墜落事故がミサイルによって引き起こされたとの見方について「非論理的」だと反論した。国営イラン学生通信(ISNA)が伝えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below