for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

焦点:ウクライナ機墜落、疑惑のイランのミサイルシステムとは

[10日 ロイター] - カナダのトルドー首相は9日、イランでのウクライナ旅客機墜落について、イランの地対空ミサイルによって撃墜された誤射だった可能性が高いと表明した。

 現場で見つかったとされるのは、ロシア製の自走式防空システム「トールM1」(別名SA-15ガントレット)に搭載されるミサイルの破片。写真は軍事パレードに登場した「トールM1」。2009年9月、テヘランで撮影(2020年 ロイター/Raheb Homavandi )

ウクライナ政府は、現場で見つかったとされるイラン軍が使用するロシア製ミサイルの破片の写真がインターネット上で取り沙汰されていることに言及し、ウクライナの調査団がミサイル撃墜の可能性を巡り現場を調査する方針を示した。

現場で見つかったとされるのは、ロシア製の自走式防空システム「トールM1」(別名SA-15ガントレット)に搭載されるミサイルの破片。

トールは、ミサイル発射装置とレーダーを車両に搭載した短距離「拠点防衛」システムで、米科学者連盟によると、最大で高度6000メートルの標的を攻撃できる。射程は12キロ。

標的を攻撃するには、トールを操作する兵士がレーダーで標的を特定し、ミサイルの発射を指示する必要がある。

ウクライナ機が墜落した時には、他にも複数の民間機が付近を飛行しており、トールのレーダーですべて把握できたとみられる。

トールに搭載されるミサイルは、レーダーで誘導され、音速の3倍近いスピードで飛行する。5キロ先の目標であれば、約5秒以内に到達する。

ミサイルには小型の弾頭があり、爆発すると金属の破片が飛散する設計になっている。

ミドルベリー国際研究所のマイケル・ドゥイツマン研究員によると、ウクライナ機がミサイルで撃墜された場合、乗務員には対応する時間はなく、ミサイルが向かっていることにも気づかなかった可能性がある。

同研究員によると、トールはイランが保有する最も近代的な防空システムの1つ。2つの目標をそれぞれ2つのミサイルで同時に攻撃できる。イランが2000年代半ばにロシアからトールを購入した際、「米国が懸念を示したほどの性能を持つ」という。

米当局者は、ウクライナ機が墜落する直前にミサイル2発が発射された兆候を米国の衛星が捉えていたことを明らかにしている。その直後にウクライナ機の付近で爆発があったという。

米ニューヨーク・タイムズ紙はウクライナ旅客機にイランのミサイルが命中する瞬間を捉えたとされる動画を公開した。

イランはウクライナ機がミサイル攻撃を受けたとの見方を否定している。

ミサイル防衛推進同盟(MDAA)の設立者リキ・エリソン氏によると、一度ミサイルを発射すれば、地上の兵士が誤射だと気づいても、ミサイルの飛行ルートを変更するのは不可能という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up