September 3, 2018 / 1:51 AM / 2 months ago

イラン、戦争の可能性ないが防衛力強化が必要=最高指導者

 9月2日、イランの最高指導者ハメネイ師は、同国が戦争に突入する可能性はないとした上で、イラン革命防衛隊に対し、防衛力を強化するよう呼び掛けた。写真は広場に展示されたミサイルとハメネイ氏の肖像画。昨年9月にテヘランで撮影(2018年 ロイター/Nazanin Tabatabaee Yazdi)

[ドバイ 2日 ロイター] - イランの最高指導者ハメネイ師は2日、同国が戦争に突入する可能性はないとした上で、イラン革命防衛隊に対し、防衛力を強化するよう呼び掛けた。同師の公式ウェブサイトが明らかにした。

イランは1日、米国が2015年の核合意から離脱したことに対応し、弾道および巡航ミサイルの能力を高めるとともに、防衛力強化のために現代型の戦闘機と潜水艦を取得する計画を発表していた。

ウェブサイトによると、ハメネイ師はイラン革命防衛隊の空軍部門司令官らに対し、「政治的分析に基づくと、軍事戦争の可能性はないと強調したが、同防衛隊は警戒を高め、部隊と装備の能力を強化する必要があると続けた」という。

イランは前週、同国の将来的な核計画や弾道ミサイルの保有、シリアやイエメンにおける紛争での役割について交渉を求めたフランスの要請を退けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below