for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-イラン大統領に反米・保守のライシ師、無効票で抵抗する市民も

(3段落目の「1790票」を「1790万票」に訂正しました)

スライドショー ( 2枚の画像 )

[ドバイ 19日 ロイター] - 18日に行われたイラン大統領選挙で、反米・保守強硬派のライシ司法府代表が当選した。内務省が発表した。就任は8月初めとなる。

ライシ師は2019年に最高指導者ハメネイ師に司法府代表に任命された。その数か月後には、1980年代の政治犯処刑や2009年の反政府デモ弾圧に関与した人権侵害で米国が制裁対象としている。

ラハマニファズリ内相が19日テレビで、投票総数は2890万票でライシ師の獲得票は1790万票(訂正)と明らかにした。投票率は48.8%で過去最低。抗議の意思を示した白票など無効票は370万票にのぼった。

ハメネイ師の後押しを受けた同師の当選は、広く予想されていた。

国営メディアは、自分に投票しなかった人や投票を棄権した人を含め、すべてのイラン国民の大統領になるとのライシ師の決意を報じている。

イランと主要6カ国は2015年のイラン核合意復活に向け協議中。この国を支配する聖職者らは経済の立て直しが政治的命運を左右すると認識しており、ライシ師の勝利が協議に対するイランの姿勢を変えることはないとみられている。

ただ、ライシ師の強硬姿勢が海外からの投資を妨げる可能性を指摘するアナリストもある。

ユーラシアグループのシニアアナリスト、ヘンリー・ローマ氏は「協議が合意に達しても、ライシ師の強硬姿勢で大規模な海外からの投資は限定され、西側からの孤立はさらに進む」との見方を示した。

今回の大統領選では、ハメネイ師の影響力が強い護憲評議会が改革派や穏健派の有力対抗馬を失格としていた。

米国務省の報道官は18日、「イランの人々は、自由で公正な選挙プロセスで自分たちの指導者を選ぶ権利を否定された」と述べている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up