May 24, 2018 / 2:45 AM / 7 months ago

イランの核合意残留、欧州による貿易保証など条件=ハメネイ師

 5月23日、イランの最高指導者ハメネイ師は、米国の離脱表明後もイラン核合意の存続を目指す仏独英の3カ国に対し、イランが残留する諸条件を提示した。写真はテヘランで2009年6月撮影(2018年 ロイター/Caren Firouz)

[ロンドン 23日 ロイター] - イランの最高指導者ハメネイ師は23日、米国の離脱表明後もイラン核合意の存続を目指す仏独英の3カ国に対し、イランが残留する諸条件を提示した。イラン産原油の輸出を保証することなどが含まれる。

ウェブサイトに掲載された発言内容の抜粋によると、同師は「欧州の銀行は対イラン貿易(決済)を保証する必要がある。(仏独英の)3カ国と争いを始めるつもりはないが、信用もしていない」と表明。

また、米国が計画する対イラン制裁措置からイラン産原油の輸出を守るとともに、イラン産原油を引き続き輸入するよう欧州3カ国に求めた。

ハメネイ師はさらに、3カ国はイランの弾道ミサイル開発や地域での活動に関する協議を求めないと約束する必要があると主張。現行の核合意はこの2つの問題に対応していないため、米政府は不満を示してきた。米国は今月、2015年のイラン核合意からの離脱を表明している。

ハメネイ師は、米国が過去2年間、核合意を「繰り返し違反」したにもかかわらず、欧州諸国は沈黙を守ってきたと批判。これを償うために、「米制裁に対抗する」よう欧州側に求めた。

欧州3カ国がこれらの要求に応じられない場合、イランはウラン濃縮活動を再開すると警告した。

ポンペオ米国務長官は21日、イランが核プログラムの放棄やレバノンなどの武装勢力への支援の停止を含む米国の要求を受け入れなければ、米国は同国に対し「史上最強」の制裁措置を導入する可能性があると述べた。この方針表明後、ハメネイ師による公的な発言は初めて。

ドイツのマース外相は23日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)との会談で、イラン核合意への支持における欧州の結束は引き続き非常に強い述べた。

フランスのルドリアン外相は同日、ラジオ「フランス・アンテル」に出演し、米国の核合意離脱と制裁再開は「対話を可能にするわけではなく、反対に、(イランの)保守派を勢いづかせ、ロウハニ大統領の力を弱めることになる」と批判。「地域をさらに危険にさらす可能性がある」と強調した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below