January 26, 2019 / 2:47 AM / 5 months ago

サッカー=イラン監督、優勝の有力候補との見方を否定

 1月25日、サッカーのイラン代表、カルロス・ケイロス監督は、アジア杯でイランが優勝の有力候補との見方を否定した。アブダビで24日撮影(2019年 ロイター/Suhaib Salem

[アブダビ 25日 ロイター] - サッカーのイラン代表を指揮するカルロス・ケイロス監督は、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のアジア・カップ(杯)で4強入りを果たしたが、イランが優勝の有力候補との見方を否定した。

イランは、準々決勝でマルチェロ・リッピ監督率いる中国に3─0と快勝した。今大会はここまで5試合無失点と下馬評を覆す成績で勝ち上がり、最後にアジア王者に輝いた1976年以降、5回目の準決勝進出を果たした。28日にアルアインで行われる準決勝で日本と対戦する。

ケイロス監督は準々決勝の試合後、報道陣を前に「今大会の優勝候補は日本、韓国、オーストラリア。われわれが有力候補と評価されるのはおこがましい」と発言。今後「大きなサメ」がイランを待ち受けると表現し、「さらに頑張らなければならない」とも述べた。

日本との戦いに向けては「中国相手にやったことは通じない。確実にプレーを向上させていく必要がある」と気を引き締めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below