for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

核合意巡る高官協議、進展あったが不十分=イラン外務次官

[ウィーン 28日 ロイター] - イランのアラグチ外務次官は、28日にウィーンで開催されたイランと英仏独中ロとの高官協議で核合意維持に向けた進展は見られたものの、合意の一部履行停止を覆すには不十分との認識を示した。

アラグチ氏は協議終了から約4時間後の会見で「一歩前進したが、まだ十分ではなく、イランの期待を満たしていない」と指摘。「今日の前進はわれわれの行為を抑止するのに十分だとは思わない」と述べた。

アラグチ氏によると、英仏独はこの日の協議で、イランとの貿易向けに新設された特別目的事業体(SPV)「貿易取引支援機関(INSTEX)」が稼動し、最初の取引の処理もすでに行われていると主張した。ただアラグチ氏は、欧州諸国がイラン産原油を輸入しておらず、依然として不十分だとした。

欧州の外交官はINSTEXの運用開始を認めたが、英仏独はまだ公式に発表していない。

オーストリア、ベルギー、フィンランド、オランダ、スロベニア、スペイン、スウェーデンはこの日、共同声明を発表し、英仏独とともにINSTEXの発展に協力する意向を示した。

アラグチ氏はまた、今回の協議に参加した全ての国が「間もなく」閣僚級会合を開催することで合意したと明らかにした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up